株式会社一燈 エンジニアブログ

秋葉原のWebエンジニア集団、株式会社 一燈のブログです。PHPやjavascriptに関するTipsや活動報告を掲載しています。

近藤が斬る! 其の二

▼正直を話すと、私もITという業界にはマイナスのイメージを持っていた。たまたま友人にIT業界出身者がいたのだ。彼からの話を聞いていると、残業や休日出勤、トラブル、と聞きたくない言葉が山ほど出てくる。プラスな言葉を挙げるなら、お金が高い、ということだ。それでもIT業界に飛び込んだのは、前述のとおり、深く考えなかったからだ。

▼深く考えない、というのは間抜けに聞こえるかもしれない。言い訳のように聞こえるかもしれないが、私にとっての深く考えないというのは、少しだけ意味合いが違う。

▼百間は一見に如かず。この諺を聞いたことがない人間は少ないはずだ。仕事探しにおいて、あるいは新しいことを始めるとき、私はいつも深く考えない。考えても仕方がないからだ。私の職探しには、これが根底にある。

▼人が悪いと言った。人が良いと言った。テレビで評価が高かった。テレビで評価が低かった。多くの人が良いと拍手をした。多くの人が悪いとブーイングをした。それらは証拠ある一つの指標になるだろう。だが、絶対ではない。なんの絶対かというと、あなたの心が決める「絶対」だ。あなたがつまらないと言ったものが、すべて誰かにとってつまらないものだろうか? 友人が奨めてくれた映画がつまらなくて、愛想笑いを浮かべた経験はないだろうか。それと同じである。だからあくまでそれは情報収集で得られた一票一票でしかなく、ただの判断材料だ。この世は多数決では何も決まらない。私にとっての深く考えない、というのはそこにある。

▼わからないのであれば、肌で感じる。経験がないからこそ、経験してみればいい。深く考える。それはいいことだ。だが、だからこそ、前回の「イメージ格差」が起こりやすい。見事な情報収集によって得られてきたものは、本物だったか? あなたにとっての、本物だっただろうか。それらを知るには、飛び込むしかない。肌で経験するしかない。

▼あなたはいま、修道女の本を読んだ。知識を得た。彼女たちがどんな意味を持って、どのような生活をしているか知った。けれど、清貧に過ごし、豪華とは程遠い食事をしたあと、シスターは本当にその食事に満足を覚えているだろうか。中には、やはり窮屈に感じるシスターがいるかもしれない。中には自分に満足だと言い聞かせているシスターもいるかもしれない。いるだろうな。そういう想像はできる。しかし、それは想像止まりだと言わざるを得ない。

▼情報を集めるのは、正しいことだ。かくいう私も、必死に業界のことを知った。面接のため、入ってからのため……どちらにせよ、人づてに、あるいは本や雑誌やインターネットで知ったことを、まるですべて自分の実体験のように感じるのは、私の意見からすればよしたほうがいい。しかしこれもまた、判断材料の一票だということを理解してほしい。

▼さて、そうしてマイナスのイメージを植え付けられて、しかし経験してみない限りわからないと考えて飛び込んだIT業界は一体全体、私にとってどんな世界だったのか……正直に言おう。最悪な世界であった。 次回はどんなところが最悪だったのか、そこから話してみようと思う。

筆者のプロフィール。

近藤勇

1989年(平成元年)、神奈川県生まれ。大学の建築学科を中退後、若干のフリーター生活を経てIT業界へ。IT営業を経たのち、もっと開発に近い現場での経験を求め、同じIT業界で転職。エンジニアではないが、営業経験を生かし、営業と開発の中間でディレクション業務をこなし、IT業界の抱える問題点について日夜研究中。好きなものは牛乳。

8月記者日

8月の帰社日ブログ担当のKinoです。 お盆を越えた頃から日暮れが早くなり夜も涼しく秋の到来を感じています。 しかし日中の熱射と暑さと湿度は変わらずまだまだ残暑が厳しいLateSummer。

秋葉原ゴミ拾い

3グループで30分秋葉のゴミ拾いを行いました。 自分達は肉のハナマサ近辺を歩きゴミ拾いを行いましたが、8月に入ったからか公園周りにビール、チューハイ系の空き缶のポイ捨てが以前より増えている印象でした。 タバコの吸殻は相変わらず一番多いですね。路上喫煙禁止のモラルは浸透しているようですがポイ捨てに関しては一向に変わらんです。

最近少しラッキーだったこ

メンバー間で「最近少しラッキーだったこと」のショートスピーチ。 自分は夏服を出したところ、半ズボンのポケットから千円札が出てきたことです。 ポケットに丸まった紙クズの感触がありゴミかなあと取り出して捨てようとしたところ、見覚えがある色だったので広げたところ千円札だったという。お金は大切に扱いましょう。

3分間スピーチ

一燈では話せる社会人になる為に、毎月帰社日に社員全員で3分間スピーチを実施しております。 今月のテーマは『一燈のみんなでやってみたい〇〇』でした。

自分が発表したテーマは『一燈のみんなでやってみたいお食事会』です。 うまい飯を食う、人はそれだけで幸せになり心が豊かになります。 某味しんぼでも山岡士郎と愉快な社員達が美味い飯を食ってその感想を分かち合っていました。 おいしい食事をしてこその人生なのです、ハカセもそう言っていました。 美味しいもの食べて人生の経験値を高めようという意図の企画です。

投票でベストを取ったのが「やってみたいキャット&チョコレート」 自分も考えていたボードゲームの企画でした。 キャット&チョコレートは会話を中心にするテーブルゲームで、概要はお題カードに書かれた状況に対して、手札から出したカードに書かれたキーをネタに解決する方法をプレゼンして、他のプレイヤーから賛同してもらえたらポイントが貰えます。一番ポイントが集めた人が、上手くプレゼンできたで賞というトークゲームです。 ゲームを通じて交流会するのと、ゲームを通じてプレゼン経験値を高める良いアイデアだと思いました。

キャット&チョコレートがどんなゲームかは「たっくんのボードゲーム日記」で紹介されています。 http://www.tk-game-diary.net/cat_chocolate/cat_chocolate.html

「Docker」とは

中森氏がLinux上で独立した別のLinuxシステムを起動できる、コンテナ型の仮想化ソフトウェアについて解説をしてくれました。 かなり丁寧な歴史と機能解説が行われ、自分も良く理解していなかったDockerのシステムについて理解を深めることができました。

Dockerの目的は、これまでのWebシステムの開発、テストでサーバー間との通信をテストする場合、サーバーを複数台用意するのは現実的でなく、1つのPCで仮想PCソフトを使用して、それを再現するのが従来のやり方でした。 しかし、この方法はPCのリソースをべらぼうに食い大量の仮想PCを起動するには、リアルPCのマシンパワーがかなり要求されました。 これを回避するのがDockerの目的で、仮想PCの全ての機能を仮想化再現するのではなく、起動する仮想PCで共有できる機能は共有してリソース資源を軽減しようという思想。各仮想PCは独立する機能のみリソースを確保すれば良いので、パワーやリソースが乏しいPCでも複数台の仮想PCを起動することができるソフトウェアだという事を理解できました。

ただし、DockerはLinuxカーネルを持つOS(Macは使用可能!)でのみ使用することができ、WindowsOSはサポートされておりません。 でもWindowsでDockerを使用して複数仮想PCを起動したい! これを解決する方法が、従来のWindowsの仮想PCソフトでLinuxOSの仮想PCを起動、その仮想PCからDockerを起動して、さらに複数の仮想PCを起動する方法でした。 ソフトウェアコンボが炸裂して遊戯王っぽいですね。

Dockerはコンテナ型仮想化ソフトウェアと「コンテナ型」という聞きなれないワードのお陰で機能が良く理解できていませんでしたが、その機能効果を知ることで便利さと有能さを理解することができました。 サーバー間連携を行うテストをする場合に必須となるソフトウェアな印象でした。

以上で8月の帰社日報告を終わります。

新連載 近藤が斬る! 其の一

▼ITとはどんな世界だろうか。私がIT業界に初めて足を踏み入れる前に、そんな想像をしたことがある。いや、誰もが想像するだろう。自分が働く世界なのだ、考えて当然である。考えないということは、きっとあまりに興味がないか、小さな頃からずっと当たり前のようにそばにあって、鈍感になってしまった人間だけだろう。私の場合は、就職活動をしていたおり、IT業界の紹介があって、あまり深く考えずに飛び込んだ(ちょっと間抜けな選択の仕方だが、この際はスルーしてほしい)だからといって、面接を受ける前、そして明日から出勤だと布団に潜って眠るとき、なにも想像しなかったわけではない。

▼とある美容室で、間を取り繕うためのちょっとした会話をする。その最もポピュラーな内容の一つが「現在の仕事について」だ。決まって私がITだというと、次のような回答が待ち受けている。「頭がいいんですね」「給料がよさそう」「しゃきっとしたスーツを着て仕事してそう」。はっきりいうと、的外れである。しかしこれが、IT業界へ足を踏み入れにくさの原因の一つにもなっている。

▼イメージの格差というのは、どの業界でもあるものだ。つまり、入社する前と入社後で、いわゆるこんなイメージではなかった、と口にすることに近いかもしれない。私はよく、同業者との間で、外からみたITのイメージと内側からみたITのイメージがかけ離れている、という話をする。曰く「ITは想像と現実のギャップが激しい」。具体的になにが激しいのか……そんな話をこれからしていこうと思う。私もまだ二年ばかり働いている程度だが、思った以上にその格差に苦しんでいたこともあった。

▼まず一つ、話をしよう。美容師さんの「頭がいい」というイメージだ。結論からいうと、そんなことはない。このイメージはおそらく、小さな箱の中に複雑で繊細な技術が放り込まれているコンピュータ、というブラックボックスに向き合う業界であるからか、または雑誌か何かで最先端の技術、という名目で取り上げられたりしているから、このようなイメージがつくのかもしれない。要は「よくわからんけどすげーもんつくってる人たち」の業界、という曖昧で不明確で、だからこそ考えるのも億劫になってしまうからであると私は考える。

▼手元にiPhoneAndroidを持っているだろうか。あるいはWindowsがあるかもしれない。最近ではmacユーザも増えてきた。その小さな小さな箱の中で、何よりも正確に計算し、必要な情報を探し出してきてくれ、時には異国の人間との社交場に様変わりすることさえある。そんな技術に、頭がいい、というイメージを持つのはおかしなことではない。難しそう。どんな仕組みで動いてるんだろう……でもこの多くは簡単に解決できるのである。ピアノの習い事と同じである。十本の指を使って、細い鍵盤を巧みに操る……私からすれば、こちらのほうがよっぽど難易度がたかそうに見える。あいつの頭の中はどうなってんだ、と解剖したくなることさえある。でも、周りを見渡してみると、ピアノを弾ける人間はたくさんいる。もちろん技術に差はあるだろう。けれど、彼らは、弾けているのだ。ITも同じである。皆々が日夜触れている、あの便利な箱の中身はピアノのお稽古のように、習えばだれでも紐解けるものなのだ。決して一握りの人間のみが触れることのできるものなどではない。「頭がいい」。そんなイメージは必要ない。馬鹿げているといってもいいだろう。そんな考えは入社前に置いてくることだ。必要なのは、踏み込むための決断と勇気という原始的なものでいいのだ。

▼さて、少し話が長くなってしまったが、このようにITも勘違いされやすい業界の一つかと、私は考えている。それはあるいは、時には内に入ることでマイナスの側面を知ってしまった、ということもあるだろう。安心してほしい。そもそも仕事をするというのは、多くの人にとってマイナスなイメージが多いだろう……少々脱線してしまったが、この場を設けて、少しでもITの「内側」を知ってもらえると嬉しく思う。

筆者のプロフィール。

近藤勇

1989年(平成元年)、神奈川県生まれ。大学の建築学科を中退後、若干のフリーター生活を経てIT業界へ。IT営業を経たのち、もっと開発に近い現場での経験を求め、同じIT業界で転職。エンジニアではないが、営業経験を生かし、営業と開発の中間でディレクション業務をこなし、IT業界の抱える問題点について日夜研究中。好きなものは牛乳。

7月帰社日

今月の帰社日のブログ担当をまかされましたkenです。
最近の急な暑さにやられております。。。

まぁそんなことはおいておいて
先月の帰社日の内容を報告しますね。

最近のクスッとしたこと

一燈はSESの会社ですので
基本社員と会うのは帰社日のみですので
最近どんなことかがあったかを
最近のクスッとしたことというテーマで話しました。

ざくっりとどんなことがあったかといいますと(おぼえていることで)。。。

  • 友達の失敗談
  • 子供の不思議な言葉
  • 現場の人の変わった発言

などなど

自分はなかなか話がでてこず、
結局ズボンのお尻に穴が開いているのを
ずっと穿き続けていたという恥ずかしい話をいたしました。

定例ゴミ拾い

今月も会社のある秋葉原でゴミ拾いをおこないました。
今回ゴミ拾いしてびっくりしたことは
道路横の草ぱっらにキーボードが落ちていました。

キーボードを落とす(捨てる)としても
何故、道路横にあったのか。。。

月間もりすけ

最近あったトピックスを もりすけさんがまとめて報告してくれました。
今月は下記の内容を報告してくれました。

開発報告

現在一燈ではSES事業の他にECサイト開発構築を行っております。
今回の帰社日では開発で使用しているNuxt.jsについて、
簡単なライブコーティングを行い実装状況を紹介してくれました。

3分間スピーチ

一燈では話せる社会人になる為に、
毎月帰社日に社員全員で3分間スピーチを実施しております。 今月のテーマは「楽しく仕事をする○○」でした。

社員それぞれが仕事を楽しくする為に、どういうことをしているのか、
どういった意識をもっているのかをスピーチいたしました。

主に「仕事の達成感」「承認欲求」「仕事と休憩の切り替え」「プライベートの充実」
などを主軸にスピーチをしておりました。

以上、今月の帰社日の報告を終わりたいと思います。

6月の帰社日

今月の帰社日、ブログ担当

どうも、umenokoです!

ご無沙汰しております!

また、ブログ担当がまわってきたので、書かせて頂きます!

その前に、この会社の最近の帰社日更新日が、

先月で、その前のブログ更新日が

一昨年の5月、、、

んっ?ちょっ、まっ、んっ?

去年、どうしたん?? 笑

まぁ、いっかぁ〜!

と言う訳で、

「今月の一燈帰社日の様子知りたくない?」

書くね。_φ( ̄ー ̄ )

先月から新しく始めたコト

6月の帰社日、まずは朝礼からはじまりました。

社長から

「プライベートで新しくはじめたこと報告して下さい。」

と、お題を出されました。

一燈社員の新しくはじめたこと、、、

書いちゃうね。

・ゲームふるこんぽ。
・一人暮らし、はじめましーたー♪
・新しい技術の勉強!
・友人とゲームをしなくなった。
 (理由:友人に彼女ができたから。)←ドン( ゚д゚)マイ
・前髪アイロン、ベースメイクをするようになった。
・瞑想

etc…

新しい事始めるって、なんかイイですよね。

今月もひろってきたよ

今月も地域のゴミ拾いしてきましたぁー!!

3グループに分かれて、ゴミ拾に、

いざ出発ー♪

はい!ここで質問です!

コレって、ゴミのうちに入りますか?

何、拾ったか聞きたくない?

『キャッシュカード』

えっ!?ゴミじゃなくない?

あの後、預かった社員の方

ちゃんと届け出してくれましたかね…?

稀に、ゴミではないものにも

出くわします。

めんどない洋服の選び方

今月は今、一燈と一緒にお仕事をさせて頂いております、

オールユアーズ様から

代表の原様にお越し頂きましたー!

オールユアーズさんは、アパレルの会社様なんです!

原様には、「オフィスカジュアル」についてのお話しを中心に服についてお話し頂きました!

お話し頂いた中で、勉強になったことを1つご紹介します!

服って、洗濯して、干したりを繰り返すと、シワシワになったり、ヨレヨレになったり、
アイロンがけも結構めんどーなんだよね〜って思ってない?
 ←いきなり何?ですが、笑

じゃぁ、質問です!

いつまでも、いつまでもシワシワの服着続けますか?

選びかたのポイント知りたくない?

繊維。

しかも、科学繊維のもの。

化学繊維のものなら、シワになりにくく、色落ちもなく、乾きも速いんだとか。

今度、服を買う際は繊維にも注目ですね!

因みに、今回講演して下さったオールユアーズ様は、

今、クラウドファンディングで、

色褪せない黒いズボンを作られてるそうです!

気になる方は、是非チェックしてみて下さい!

因みに、今回一燈もりすけさんと、営業のYutaさんもオールユアーズ様の商品を着用しておりましたー!

f:id:itto-inc:20170613235244j:plain

原様、講演ありがとうございましたー!

狙ってない?

月刊もりすけ&もりすけさんコンテンツで今回もりすけさんが紹介してくれたIT情勢、
講義『最近の認証技術』の中で出てきたワードに共通点があったんだけど、

共通点なにか知りたくない?

『🐤』トリ

♯ことりん(javaをプッラットフォームしたプログラムミング言語)
♯トリグラム(文字列)
♯キジ(記事)
♯インコ 「マインクラフト」っていうゲームにでてくるオウムにチョコチップクッキー与えるとお亡くなりになる仕様に変更されたとか。

今年、酉年だからって、

狙ってない?

、、、、関係ないか。

あたいのブレイク・・・

余談ですが、今回の帰社日で3分間スピーチをすることになりました。
事前に与えられたスピーチの内容は、

「私のブレイクスルー」について。

私、umenokoは、↑について、ある言葉とはき違えておりました。

『ブレイクタイム』

危なかったぁ〜、帰社日で恥さらすところだったー(/・ω・)/ 『私の休憩』についてスピーチするところだったー

事前に意味調べておいて良かった!!(=゚ω゚)ノ

最後まで読んで下さりありがとうございました。

また、担当まわってきたら描きたいと思います。

また、再来年だったりして、、、、?笑

以上、umenokoでした!

5月の帰社日でした!

こんにちは。
旅行はぼっち派、もりすけです。

今月はゴールデーンウィークがあったので、
第二火曜日の5月9日に帰社日がありました。

ゴミ拾い、はじめました

先月から帰社日の講義前に1時間ほどゴミ拾いの時間を作っています。

半年くらい前に秋葉原の中央通り沿いに移転したのですが、
普段は汚らわしい本社ビル前の道が急にきれいになることがありまして。
おそらく地域の方がどこかのタイミングで拾われているのだと思われます。

となると、我々としてもお世話になっている街ですので、
恩返しはしないといけないというわけです。

f:id:itto-inc:20170517214457j:plain f:id:itto-inc:20170517214501j:plain

ゴミ拾いの途中でご近所の 繁栄堂 さんに声をかけて頂いて、
町内会が半年に2回ほどゴミ拾いをされていることを知りました。
おそらく他にもそういったゴミ拾いをしている団体があり、相互に街を綺麗に保っているのでしょう。
繁栄堂さんは赤飯や焼き魚の美味しいお弁当屋さんなので、近くに立ち寄られる方にオススメですよ。

Mastodonとは何だったのか

午後からの技術トレンドの講義では「Mastodonとは何だったのか」というテーマで話をさせて貰いました。
4月の中頃から一気に流行ったMastodonの実装と社会的意義について、そして実装のベースとなったGNU Socialに関連するプロトコルの仕様書がインターネットから失われていることについての話を盛り込みました。

Mastodon の電脳考古学、あるいは不在の中心としての Twitter について
http://okapies.hateblo.jp/entry/2017/04/29/124432

こちらの記事で紹介されている、「これがマストドンだ! 使い方からインスタンスの作り方まで」という本で、Ostatusプロトコル仕様書の喪失について、関連仕様についての説明があるそうなので購入してみようと思います。

また、今回は特別ゲストとして杉浦 佳浩様にお越しいただきました。
近江商人の家徳についてお話を頂き、われわれ社員の悩み相談にも乗って頂きました。
この場をお借りして改めてお礼申し上げます。

一燈では、Webエンジニアを募集しています!

morisuke宛にDM・リプライを送って頂ければいつでもお返事します。
簡単な質問でもいいのでお気軽にご連絡ください!

twitter.com

日本オラクル主催のSQLチューニング勉強会に行ってきました

Tickです。お久しぶりです。
気が向いたときしか書かないので、半年間くらい出てこないのはデフォです。

今回は日本オラクル主催のSQLチューニングに関する勉強会に行ってきたので、それの感想を書きたいと思います。
勉強会はだいたいぼっち参戦が多い私ですが、今回は知り合いのエンジニアの方と一緒に行ってきました。

(余談ですが、セミナールーム広くて綺麗でしたねえ。コーヒーなどフリードリンクもありました。)

勉強会はだいたい2部構成になっていて、前半が実際にSQLチューニングをやっていくときのポイント解説、
後半がSQLの実行計画を立てるオプティマイズに関する説明となっていました(有償ツールの紹介もあったがそちらは割愛)。

3時間みっちりで密度が高く、とてもこちらで全部は取り上げられないので、詳細はOracleが公開しているスライドを参照ください。
また、SQLチューニングに関しては、Yahoo!のエンジニアの方がノウハウを公開してくれていますので、こちらも併せてご参照ください。

SQLチューニングの基本

話の内容的には、EXPLAINで実行計画を出してチューニングをしていく際に、「こういうところを見るのがポイントですよ」といった話であったり、「こういうツールを使うと視覚的に実行計画を分析できますよ」という内容でした。

EXPLAINで出てくる各項目についても、typeは「この状態まで持っていくのが望ましいですよ」といった、ポイントとなる項目の詳しい見方まで解説されていました。

中でも目から鱗だったのはMySQL WorkbenchというGUIツールが無償配布されていることでした。
実行計画の視覚的分析も、Workbenchで提供されている機能なので、自分も後で触ってみようと思います。

オプティマイザ解説

オプティマイザ解説の部分では、普段ユーザーから投げられたSQL文を、オプティマイザがこうやって最適化して、実行計画を立て投げていますよという内容でした。単純なSQL文の最適化から、インデックス検索のアクセス方法、JOINの最適化など普段あまり意識しない部分が聞けて興味深かったです。
特に、Cake3からJOINによるEager Loadingが使えるようになったこともあり、JOIN部分の話が興味深かったです。

全体的に、バージョンアップによるオプティマイザの性能改善をアピールしており、5.7での全体的なリファクタリングによってパフォーマンスが向上したので、新しいバージョンを是非使ってほしいというようなことを仰っていました。

普段はあまり何も考えずCentOSのepelからインストールして使っているのですが、開発用のDockerイメージに最新版のMySQLを入れて使ってみようかなと思いました。